JAFでバイクのレッカー頼めるよ!一枚で車もOK、家の車庫にも来てくれる

JAFでバイクのレッカー頼めるよ!一枚で車もOK、家の車庫にも来てくれる

JAFはバイクでもレスキューが頼める」ことをご存知でしたか?

実は・・。私も知らずに別の「バイク専用」レスキューサービスに入ってたんです。

ある日、行きつけのバイク屋さんで「JAFはバイクもイケるんだよ」と教えてもらい、速攻で入会しました。



妻がJAF会員だったので、価格は割安な家族会員料金で(入会金ゼロ、年会費2千円)イケましたよ。



ちなみに、JAFのバイクレスキューはこんなトラブルも対応してくれます。

  • バッテリー上がり

  • タイヤのパンク

  • キー閉じこみ

  • 事故

  • ガス欠



意外と知られていませんが、車と同レベルのレスキューなんですよ。

さらにこんなケースもOKです。

  • 自宅車庫も可

  • レンタルバイクも可

  • 24時間年中無休

  • 会員証1枚でバイクも車も両方OK

  • 搬送15㎞まで無料



この記事は、JAFのバイクレスキューのメリットやデメリット、入会や退会方法を実際に会員としてサービスを受けている私が書きました。

5分程度で最後まで読めますので、バイクでお出かけされる前にぜひご一読ください。

JAF公式サイトはこちら

 

JAFのバイクレスキューで私はこんなケースでお世話になりました

farm-1264761_1280.jpg






入会後、こんなケースでJAFのレスキューにお世話になりました。

かなり恥ずかしいですが、恥を忍んでお伝えすると・・






(ケース1)渋滞中の高速道路を走行中にエンスト

→バイク店まで搬送、そのまま修理へ

自宅まであと数kmのところだったのですが、高速道路でエンストするとは思わず。

あわてて側道によけてロードサービスを待ちました。

自分ではなにもできず、非常につらかったですね。。






(ケース2)自宅車庫でエンジン始動せず

空冷の古いバイクだったのですがプラグがカブってしまったようです。

プラグを清掃するためのガソリンタンクを外すことができずやむなくロードサービスに頼りました。

とても恥ずかしい気持ちで待っていましたがロードサービスの方は気分よく搬送してくれました。






どちらのケースも、車重が250kg超の大型バイクだったため、自力ではバイク店まで押し歩きできない状況でした。


ちなみに料金は・・無料でした。





JAFとは?【知ってるようで意外と知らない】




一度は聞いたことのあるJAF、実はこんな団体なのです。

  • JAF:一般社団法人日本自動車連盟

  • 会員数:約1,900万人(免許保有者数の約5分の1)

  • 年会費:4,000円(個人会員の場合。家族会員は2,000円)

  • 入会金:1,500円(3年・5年分の一括払いで割引あり、家族会員は無料)

  • 会員の優待施設:4万件以上




多いとは思っていましたが、1900万人以上とは驚きました!




 

ライダーがJAFに入るメリット





JAFに入会すると、それこそ「山のように」特典があり書ききれないので、ここではライダーに関連しそうな部分を抜粋してお知らせしますね。



メリットその① 出先でも自宅でもレスキューが頼める



これは本当に助かりました。自宅の車庫から動かないバイクをバイク店まで持っていくのもひと苦労なので・・



メリットその② カード一枚でバイクも車もOK

もしかしたら、バイクと車で別のカードを持たないといけない、という誤解があるかもしれませんが心配ありません。「人にかかるサービス」なのです。



メリットその③ レンタルバイクでもOK

メリット②とも重なりますが、JAFのサービスは「人にかかる」ので、レンタルバイクの場合でもレスキューが頼めます。


メリットその④ スマホアプリでレスキューを頼める

スマホアプリを入れておけば電話しなくても画面のタップでレスキューを頼めます。

チャットで状況を知らせる、GPSで場所を知らせる、救援状況を知ることができるなど、とても便利です。



JAFスマホアプリはこちらから


メリットその⑤ 任意保険の会社を替えてもJAFは影響なし!

任意保険にロードサービスが付いていることもありますが、保険会社を変えるとロードサービスの内容が変わったり、そもそもバイクのロードサービスがなかったりします。

でもJAFなら保険会社を変えても何も手続きする必要はありません。


JAFのデメリット

デメリットについても書いていきます。




入会当日は会員料金が適用されない

あくまで会員料金が適用されるのは入会した翌日からです。

レスキューを呼んで、その場で入会しても会員料金は適用されません。




ツーリングに出かける前日までに入会しておきましょう。






無料搬送距離が15㎞

15㎞は無料で搬送してくれますが、その先は有料になります。

もっと搬送距離の長いロードサービスもありますが会費はかなり高くなります。



スマートフォンの電波がないところでは呼べない

これはやむを得ませんね・・

山奥など、電波の入らない場所でのトラブルは、何とか電波の入るところを探すしかありません。




途中解約の返金がない

会費は年間分の先払いになりますが、返金がありません。

長期の先払い(3年や5年)制度もありますが、返金がないことは頭の隅に入れておきましょう。





退会は電話受付のみ(ただし土日祝受付あり)

これは気になるところです。ただし土日祝日の受付があるのはまだ良心的といえるかも・・

(参考)受付時間 平日 9:00~19:00 土日・祝 9:00~17:30(年末年始休業)

※退会・解約方法は後述します。



 

JAFの申し込み方法を解説



事前に準備するものをまとめておきます。




クレジットカードの場合

  • クレジットカード

  • プリンタ

  • 登録用メールアドレス

  • 住所、氏名、電話番号などの個人情報




コンビニ払いの場合

  • 登録用メールアドレス

  • 住所、氏名、電話番号などの個人情報

  • どのコンビニで支払うかを検討しておく




どちらも入力項目が多いので、上記を準備してから手続きを進めると良いでしょう。


申し込み方法(クレジットカード払いの例)


  1. 公式サイトへ移動

  2. 支払方法を選択

  3. 「上記規約に同意する」にチェックを入れ「OKボタン」をタップ

  4. 個人情報を入力し「次へ」をタップ

  5. 内容に問題がなければ「次へ」をタップ

  6. 入力したメールアドレスに「入会手続き完了のお知らせ」メールが送られるので記載のURLにアクセスする

  7. 翌日の夜0時を過ぎると仮会員証を印刷できるようになるので印刷する

  8. 完了 本会員証は2から3週間で郵送されます


※コンビニ払いの場合は、ステップ5でコンビニ払いを行います。

※コンビニ払いの「受領証」が仮会員証となります。


JAFの退会(解約)は電話受付けのみ




先に述べたように、JAFの退会は電話のみの受付です。

(ホームページやメールでの受付けはありません)




ただ、土日・祝日も受付がありますのでご心配は不要です。

受付時間 平日 9:00~19:00 土日・祝 9:00~17:30(年末年始休業)

0570-00-2811(ナビダイヤル・有料)

048-840ー0036(有料)←電話かけ放題になっている方はこちら




 

【まとめ】JAFはライダーの「もしも」にぴったり

先に述べてきたように、バイクには様々なトラブルがつきものです。

個人で入れば年間4,000円、家族会員なら年間2,000円と飲み会一回分ほどの金額ですし、

家族や大事な人を心配させないためにも、ライダーはJAFに入っておいても良いのでは。




(おまけ)JAFの優待施設は意外と多い!

ツーリングで出かけた道の駅のレストランで「デザート一品サービス」や「〇〇円割引」といった優待のほか、ガソリンが割引になったり施設の入館料が割引になるケースもあります!

たくさんありすぎて書ききれないので、こちらからご覧ください。