ヤマハFZ25【試乗レビュー】もうコレ教習車では?と思う乗りやすさ!初バイクや大型疲れの方におすすめ

ヤマハFZ25【試乗レビュー】もうコレ教習車では?と思う乗りやすさ!初バイクや大型疲れの方におすすめ

「しまった、この道路は行き止まりだ!」と焦りました。いつも乗っている1250ccの大型バイクだと変な汗が出るシチュエーションです。

でも今日は軽量で取り回しのしやすいFZ25なんです。サッと降りると、ヒョイと180度来た道に頭を戻して再スタートできました。



今回はインドヤマハ製のFZ25を試乗しましたのでレビューします。なかなかFZ25の実車レビューは見当たらないので、ご参考になれば幸いです。


FZ25のパーツをお探しの方は>>こちら<<



▼▼FZ25のヤマハ公式CM動画



▼▼バイク館SOXによるFZ25紹介動画

 

【FZ25とは】ヤマハが本気でインドに投入した軽量・安価な250ccネイキッド

processed_IMG_20190906_134918.jpg

FZ25は2014年にインドヤマハがバイクの一大市場、インドで発売したバイクです。

ヤマハはインド進出では後発で、ブランド力で売ることができません。そこで本気を出してFZ25を開発、発売しました。


FZ25は発売後、3年間の累計で150万台を販売するというヒットを飛ばしてさらに売れています。

(参考 2018年の日本国内二輪販売台数は、原付を含んでも約30万台)

実際に乗ってみても本当によくできているバイクで、インドのライダーに嫉妬しそうになる程です。


また、FZ25はデザイン面でもインドで評価されていて、インドのデザイン賞「I Mark」を受賞しています。


▼▼FZ25開発の本気度が伝わってくる動画(ヤマハ公式)

 

FZ25のスペック

FZ25のスペックを紹介します。

エンジンはセロー用の空冷249ccエンジンに4段オイルクーラーを追加したものと言われています。

processed_IMG_20190906_134211.jpg
processed_IMG_20190906_134146.jpg

ヤマハでは「BLUE CORE」と呼んでいるエンジンです。低速からとても扱いやすくエンストする気配がしません。

エンジンにはバランサーが備えられているおかげで、低回転では振動が抑えられています。ただ、高回転では振動がそれなりに出ます。


【エンジン関連】

エンジンは軽量コンパクトな空冷エンジン。マイルドな特性で非常に乗りやすくセッティングされています。

  • エンジン型式:空冷、4ストローク、SOHC、2バルブ

  • 排気量:249cc

  • ボア×ストローク:74.0x58.0mm

  • 圧縮比:9.8:1

  • 最大馬力:20.9PS / 8000rpm

  • 最大トルク:20.0Nm / 6000rpm

processed_IMG_20190906_110538.jpg


【ディメンジョン関連】

重量がガソリン満タンで152kgしかありません。軽量と評判のカワサキNinja250SL ABSが151kgなので、FZ25は軽いバイクといって良いでしょう。

  • 全長:2015mm

  • 全幅:770mm

  • 全高:1075mm

  • シート高:795mm

  • ホイールベース:1360mm

  • 重量:152kg

  • フレーム:ダイヤモンド

processed_IMG_20190906_110435.jpg


【タイヤ・ブレーキ関連】

タイヤはやや細身の前後17インチ。省燃費に貢献しています。前後ABSも嬉しい装備。

  • タイヤ(フロント):100 / 80-17

  • タイヤ(リア):140 / 70-17

  • ブレーキ(リア):油圧式シングルディスクブレーキ

  • ブレーキ(フロント):油圧式シングルディスクブレーキ

  • ABS:前後あり

processed_IMG_20190906_110347.jpg


【その他】

燃料タンクは14Lの大容量。今回の試乗では38km/Lを計測したので、航続距離を単純に計算すると500km以上走れそうです。

  • 燃料タンク容量:14L

  • 燃料供給:インジェクション

  • ミッション:5速マニュアル

processed_IMG_20190906_134822.jpg

【灯火類】

ヘッドライト・テールランプはLEDです。安価なバイクですが頑張っています。

メーターは流行の液晶フルデジタル。燃費計も備える優れもの。

  • ヘッドライト・テールランプ:LED

  • メーター:フルデジタル液晶タイプ(燃料計・時計・燃費計・トリップメーター付き)

processed_IMG_20190906_134419.jpg
processed_IMG_20190906_134607.jpg
processed_IMG_20190906_134629.jpg
 

FZ25試乗レビュー 高速道路も走ったよ

今回もバイク館SOX川口SP店から出発です。

processed_IMG_20190906_110315.jpg

【外観】

外観をグルッとひと回りしてみました。

やや細身の車体に大きめのガソリンタンクが鎮座しています。黒いボディにブルーのアクセントも素直に「カッコいい」デザインです。

processed_IMG_20190906_134656.jpg
processed_IMG_20190906_134541.jpg

キーを受け取りまたがってみます。シート高は身長180cmの私でピッタリ両足が地面につきます。

シートは厚みはないものの、硬めで好ましいもの。

ハンドルもちょうど良い位置にあります。小柄な方は少し前傾姿勢になるかも。

processed_IMG_20190906_110454.jpg

【エンジンをかける】

キーをひねってセルボタンを押します。軽やかにセルが回り空冷249ccエンジンがサクッと起動します。

processed_IMG_20190906_110558.jpg
processed_IMG_20190906_110606.jpg

マフラーの排気音は調律されていて、単気筒らしい音がヘルメットを通して聴こえてきます。

アクセルをひねり回転数を上げると、ヘリコプターのような排気音を奏でてくれます。

processed_IMG_20190906_110426.jpg

【試乗スタート】

クラッチは重くも軽くもない絶妙な重さ。クラッチを握り5速マニュアルシフトを1速に入れます。

processed_IMG_20190906_110529.jpg

そしてアクセルを少し開けて発進します。

「む、クラッチミートが早すぎた」とエンストを覚悟しましたが、エンストせずスルスルッと走り出しました。

「これは乗りやすい!」

トルクはグワッとくるタイプではありません。エンジン回転数に応じてスッと必要なトルクを発揮してくれるタイプです。

エンジン回転を上げても唐突感がなく、恐ろしいほどのマイルドさで街なかを走ります。

早めのシフトアップをしていくと、5 速で時速50kmで巡航できます。この時燃費計は30-40km/Lを表示していて燃費も期待できそうです。

processed_IMG_20190906_134246.jpg

【バイク用ナビご乱心からの・・】

バイク用ナビに従って走っていると、路地の突き当りに案内されてしまいました(汗)

冒頭でも触れたとおり、いつも乗っている大型バイクなら「ひえ〜たまらん」となってしまうところです。

でも、FZ25は軽いのでサッと降りてクルッとUターンできました。

ちょっとくらいグラッときてもコケる心配がないくらいの軽さ、誤解をおそれずに言うと、125ccバイク並みの取り回しの良さを感じます。

processed_IMG_20190906_134131.jpg

【高速道路を走ってみる】

高速道路にも乗ってみます。

料金所から本線の合流まで、それほどがんばらなくても時速80kmまでスゥーっと加速していきます。

時速60kmから上は5速が受け持つので、5速に入れっぱなしでクルージングです。

直進性は良好で、神経質なところもみあたりません。

法定速度が時速100kmの区間では時速100kmまで試してみました。時速80kmでは特に問題がありませんでしたが、100kmでは気になる点も…

それは、メーターとミラーがブレることです。どちらもハンドルマウントなので振動が伝わりブレます。

ただしメーターが読めないほどではありません。

もうひとつ、燃費は落ちそうです。時速80kmでは燃費計が40-50km/Lを表示していたのに、時速100kmでは30km/Lを割ることも。

時速80-90kmくらいでのんびり走るのが振動にも燃費にもよさそうです。

【ブレーキングを試す】

ブレーキングも試してみます。前後ABS付きのディスクブレーキは容量じゅうぶん、キュッと効くよりジワーッと効くタイプのようです。

processed_IMG_20190906_110418.jpg

楽しい試乗タイムはあっという間に過ぎてしまいました。

【メンテに便利なスタンド付き】

FZ25には、サイドスタンド、センタースタンドが装備されています。オイル交換などのメンテナンスに便利そうです。

processed_IMG_20190906_134744.jpg

FZ25の燃費

FZ25試乗時の実測燃費です。

110.5km走行(うち20.5kmは高速道路) し、ガソリンは2.85リットル給油しました。

よって燃費は38.77km/Lです。

一般道では信号待ちのゴー&ストップありでこの燃費です。信号のない郊外ならもっと良い数値を狙えると思います。

FZ25の販売価格は

processed_IMG_20190906_110300.jpg

バイク館SOXでは車体価格309,000円で販売しています(2019年9月21日現在)

国内メーカーの同クラスネイキッドバイクと比較してみましょう。

  • ホンダCB250R:554,040円

  • スズキGSX250R:527,040円

  • ヤマハMT-25:534,600円

  • カワサキZ25:597,240円

  • FZ25:309,000円

参考までに…ひとクラス下の125ccスクーターの価格とも比べてみました。

PCX(125cc)︰342,340円

NMAX125:351,000円

FZ25:309,000円

※本記事は2019年9月現在の価格を税込で表示しています。2019年10月に消費税が10%になるため、価格が変更される可能性が非常に高いことにご注意ください。

FZ25は空冷単気筒、他社は水冷2気筒という違いはあるものの・・かなり価格に差がありますね。

そして、ひとクラス下の125ccスクーターよりも安いという…

FZ25はこんな方におすすめ

processed_IMG_20190906_134045.jpg

FZ25を試乗した私がおすすめするのはこんな方です。

免許を取って初めてバイクに乗る方に

免許取りたての方に、乗りやすいFZ25は本当におすすめです。

  • エンストする雰囲気を感じさせないエンジン

  • グラっときても怖くない軽い車体

  • オイルとチェーンをメンテナンスしていれば長く乗れそうなシンプルな装備

など、おすすめする要素が沢山あります。

processed_IMG_20190906_110514.jpg

大型バイクを買ったが取り回しに難儀している「大型疲れ」をしている方

「大型バイクに乗っているけど取り回しが大変」「乗るのがおっくうで月に数回しか乗らない」という「大型疲れ」をしている方にもFZ25はおすすめです。

(はい、「大型疲れ」をしているのはズバリ私のことです)

また、体力に自信がなくなってきて、軽いバイクに変えたい場合にも良いでしょう。

センタースタンド付き、カウルなしでメンテナンスしやすいFZ25は、ベテランライダーの良き相棒にぴったりです。

FZ25の気になるところ

ここまでFZ25をほめてばかりきましたが、試乗して気になる点も書いておきます。

  • メーターがハンドルマウントなのでエンジン回転が上がるとメーターが揺れる → スピードが見えなくなるほどの揺れではありませんでした

  • 時速20km以下の低速走行時、強めに凸凹をライダーに伝えてくる → 特に、大きな凸凹ではガツンとくるケースがありました

  • 暑い日はスネから下に熱風が当たる → 空冷エンジンの宿命とはいえ、酷暑の都内ではかなりの熱気を感じました。走行中は気にならないのですが・・

  • 荷物入れが無いのでシートバッグ必須 → 後付けキャリアも見当たらないのでシートバッグかタンクバッグがあった方が良いかと。タンデムシートは小さいので、いちおうお店でバッグをあててみた方が良いでしょう。

processed_IMG_20190906_135602.jpg
processed_IMG_20190906_140843.jpg

FZ25のメンテナンスやパーツはどうすればいいの

processed_IMG_20190906_110505.jpg

FZ25はバイク館SOXが独自に輸入しているバイクです(いわゆる並行輸入)。

なので国内のヤマハではメンテナンスや部品の手配が出来ず不安になります。

でもバイク館SOXは全国50店舗あるうえ、主要部品は国内倉庫に持っています。メンテナンスやパーツはバイク館SOXに頼むのが良さそうです。

詳しくはバイク館SOXのこちらのページでご覧ください。

まとめ

「バイクメーカーが本気を出したらこんなに安くて乗りやすいバイクができるんだ」と驚きました。

これから良いバイクを安価に乗るならどんどんインド製になっていくのだな、とも。

そして、FZ25は非常に乗りやすく、そのまま教習車にしても良いのではないかと思うほどでした。

ぜひお店でまたがってみたり試乗してみてください!

車両協力:バイク館SOX