スズキ イントルーダー150(Intruder)インドのモダンクルーザー M109Rのテイストでつくる155ccバイク

スズキ イントルーダー150(Intruder)インドのモダンクルーザー M109Rのテイストでつくる155ccバイク

先日AEROX155を乗ってから、150cc前後のバイクが本気で欲しくなりました。

高速道路に乗れて、軽量、好燃費。

「スクーターもいいけど、マニュアル車もいいなあ」と何気なくネットを見ていて「おう!これええやん!」

インドスズキが発売している「イントルーダー150」です。155㏄エンジンのアメリカン(というかクルーザー)はなかなか無いうえにオシャレとくれば食指が動きます!

スペックやカラーリングなど調べてみましたのでご覧ください。

 

イントルーダー150は日本だといくらになりそう?

イントルーダー150の現地価格は、インジェクションモデルで108,162インドルピー(約17万円)。同じインドスズキの並行輸入されているバイク「GIXXER SF」が109,870インドルピー(約17.3万円)と数千円違うだけ。

このGIXXER SFが日本では車体価格約27万円で販売されている(2019年7月30日現在)ことから、イントルーダー150が日本で販売されれば同等程度の価格と予想されます。

イントルーダー150の概要

イントルーダー150のグレードは2種類です。燃料供給装置がインジェクションのグレードとキャブレターのグレードです。

日本に入ってくるとすればインジェクショングレードになることが濃厚なので以降はインジェクションモデルについて記載します。

・155cc「SEPエンジン」搭載

・現代的なクルーザーのデザイン

・デイタイムライト内蔵ヘッドランプ(ハロゲン)

・LEDテールランプ

・ABS

・デジタルメーター

・二本出しマフラー

・リアモノショックサス

基本コンポーネントはGIXXERのものを流用し、外見を思い切って変えてきましたね。

 

イントルーダー150のスペック

イントルーダー150のスペックです。エンジンはGIXXERと共通です。エンジンパワーはPCX150などのライバルと同等、車重は少し重くなっています。

  • エンジン型式:4ストローク空冷単気筒SOHC2バルブ

  • 排気量:154.9cm³

  • エンジン出力:14.8ps@8000rpm

  • トルク:14Nm @ 6000rpm

  • 燃料システム:キャブレター/インジェクション

  • ミッション:5速マニュアル

  • 全長:2130 mm

  • 全幅:605 mm

  • 全高:1095 mm

  • ホイールベース:1405 mm

  • 地上高:170 mm

  • シート高:740 mm

  • 車重:149 Kg(インジェクション)/ 148 Kg(キャブレター)

  • 燃料タンク容量:11 L

  • ブレーキ:前後ディスク

  • タイヤフロント:100/80 - 17

  • タイヤリア::140 / 60R - 17

  • サスペンション形式:フロントテレスコピック、リアスイングアーム

画像引用 https://www.suzukimotorcycle.co.in/

画像引用 https://www.suzukimotorcycle.co.in/

 

イントルーダー150のカラー

イントルーダーのカラーは3種類です。どの色にもマット仕上げがなされているのが好印象です。

  • メタリックマットチタンシルバー

  • メタリックマットブラック/キャンディソナマレッド

  • メタルブラック/メタリックマットチタンシルバー

 
画像引用 https://www.suzukimotorcycle.co.in/

画像引用 https://www.suzukimotorcycle.co.in/

 

イントルーダー150の日本導入は?

2019年7月30日現在、イントルーダー150は一部のバイク店が並行輸入しています。

正規導入されるかどうかは未定です。もし日本に正規導入されるならインジェクションモデルになるでしょう。

趣味性の強いバイクなので正規導入は厳しいかも・・。

イントルーダー150が出たら買う?

試乗してからですが、たぶん買います。30万円前後で高速道路に乗れる新車が買える、しかもオシャレでのんびり走るのに良さそうです。やや大きめの車体もチープさがなく良いですね。

導入されるのを待ちましょう。

rss Block
Select a Blog Page to create an RSS feed link. Learn more